衣食住店

9月12日より、ギャラリースペースにて
At Home Worksさんによる陶展「story」が始まります。

ーどこからきたの?
山が見える、海の潮の香りがする。
みかんの木があって、子供たちの声が聴こえる。
青いトタンと煙突、江ノ電脇の平屋。
ーどこへいくの?
「おはよう」「おかえり」「ごちそうさま」
毎日くりかえすその言葉を大切にする人のところ。
白の奥に潜む白と、揺らぐ線にときめく人のところ。
きっと、そんな人のところへ。
ここで生まれた器たちと紡いでいく日々は、
どんな物語になるのだろう。
なんでもなかった朝ごはんの時間が、
一日の中で一番好きな時間になるかもしれない。
いつもと同じコーヒーだけど、
美味しくなったねと言われるかもしれない。
そんなのって、とっても素敵。
どきどきする、わくわくする。
寄り添い紡ぐ日々。
器とあなたの物語。
つづく、つづく。物語はつづく。
2018年春に開催した「story」の巡回展が
九州と四国ではじまります。
アトリエで生まれた作品たちが、
遠く離れた場所でどんな人と出会うのか、とても楽しみです。
At Home Works
http://athome-works.com

 

会期 / 2018.9.12(水)−9.24(月)(作家在廊14,15)
時間 / 11:00-23:00